TOP お寺について ご案内

ご案内

公開日:

日蓮宗四天王山法光寺は、日念聖人が法華経守護の四天王の名を掲げ布教活動を行った記念碑的寺院です。 「その雨はあまねく等し」とし、宗派を問わずだれもが参加できる数々の行事を行っています。

【本堂(本尊様)】

すべての人に救いをもたらす南無妙法蓮華経のお題目。 その原理を明かすためにこの世にお出になったおシャカさま。 その委嘱を受けて命がけでこれを広められた日蓮聖人を中心に、救いの本体を仏像で表現しています。

【三十番神堂】


1日から30日まで30日間を、30体の神々が当番となって日ごとにお守りします。 日本古来の名の通った神さまたちはほとんどこの中に含まれます。 ここでは、赤ちゃんのうぶすな祈願や七五三祈願、厄年・交通安全祈願など、多くの祈願を電話依頼を受けて行なっています。

【鬼子母尊神堂】


鬼子母神さまは、人の子を取って食べていた悪鬼でした。 のちにおシャカさまの教化を受けて前非を悔い、以後はすべての子供たちを守り悪を追い払う守護神として生まれ変わりました。 このお堂では病気平癒・安産祈願を行うほか、小規模な会議などにも使用できます。

【参り墓と永代供養塔】


お参りする為だけに造られたお墓で、お骨は埋葬されていません。 古来墓石の様式にもいろいろあることがわかります。 文化史的な価値も高く、特に配列の独創的なデザインが評判です。

【ペット墓】


どなたでもご利用できます。 詳細はおたずねください。